血液センター 看護師 求人

献血の看護師求人@血液センター勤務のお仕事

血液センターは比較的大きな施設なので、その分多くの人が勤務しているのですが、看護師の募集は比較的多くなっています。また、献血バスでの勤務は非常勤が多いのに対して、血液センターでの募集は常勤が多くなっている傾向にあります。

 

更に准看護師の資格では勤務できない場合も多いことから、正看護師の資格を取得してから応募するべき求人と言えるでしょう。比較的季節や時期に関係なく求人が出ている傾向にあるので、就職しやすい求人としても知られています。

血液センターで働く看護師の仕事内容

血液センターというのは、献血バスなどが止まっている車両基地のような役目や、献血を呼びかけるようなこと、献血してもらった血液が安全に利用できるかという検査などを中心に行っています。

 

また、血液を輸血するために、医療機関へ血液を安全に運ぶような作業もしていますし、災害時に即利用できるような環境を整えるため、しっかりと血液を安全に保管するのも仕事内容の1つです。さらには血液を用いた研究や、血液で感染するような病気の検査なども実施しているので、献血関連の総本部という扱いになっているのが血液センターです。

 

献血バスで仕事をする看護師も、通常は血液センターに出勤してから指定の場所へ移動することになっているので、求人に応募する時には献血バスでの仕事をしないのか、血液センター内で仕事をしたいのかを明確にしておきましょう。

血液センターのお仕事はこんな看護師さんにおすすめ

基本的に献血関連の仕事は専門性が高くなっていることから、血液センター内の仕事であっても必ず血液に関する仕事になってしまうため、1つのことに集中して、飽きないで作業ができる人に向いている仕事と言えるでしょう。

 

また、血液は再び人の体の中に入れて使用することから、取り扱いには十分注意しなければいけませんので、集中力がすぐに途切れてしまうような人には向いていません。さらに慎重さも必要になってくることから、細かくて同じ作業を繰り返し行うことが苦にならず、集中力が持続する人向けの仕事が得意という人が勤務するべき施設です。